第3回 健康づくりハウス

撮影日 2017/07/28
撮影場所 保険センター
コメント 染めもの体験と調理実習

7月28日、村保険センターで第3回目となる「健康づくりハウス」が開かれました。

「みなさんと一緒にココロとカラダの健康づくりをしましょう」をスローガンに始まったこの健康づくりハウス。

今回の健康づくりハウスは、エコバッグの染めもの体験と、きゅうりみぞれと豚しゃぶそうめんの調理実習です。

今回の参加者は13名、久慈市からも参加者があり大いに盛り上がりました。

 

最初に行われたのは染めもの体験。

普代村には伝統工芸品である鉄山染めがあり、その技法を活かしてエコバッグを染めていきます。

 

最初にエコバッグの生地を輪ゴムを使い絞っていきます。

輪ゴムを絞る強さによっても色合いや染まり方が変わるそうで、それぞれ頭に描いたイメージに近づけるように作業を進めます。

大きく絞ったもの、小さくたくさん絞ったものなど様々です。

染め上げる色は青と緑どちらか。

 

全員が作業を終えると、いよいよ染め工程。

沸騰した染色液にバッグを沈めていきます。

浸す時間は約15分。ムラなく染め上げるため浸けたあとも目が離せず、棒を使い浮いてくるバッグを沈める作業が続きます。

染め上がったら中性洗剤で洗濯へ。

 

一方、染の作業が行われている間に他の参加者は調理実習へ。

それぞれ役割分担し野菜のカットや麺を茹でていきます。

今日の調理実習のポイントは、

①極力火を使わないこと!(最低限の加熱でできる料理)

②豚肉とそうめんを一緒に食べて栄養アップ!(炭水化物と豚肉で疲労改善効果アップ)

③いつもと違うきゅうりの食べ方!(すりおろし、爽快感をだすため少量の酢を加える)

3点

あっという間にできたそうめんで昼食。

 

全員が残さず平らげるころには染の洗濯が終わり、

いよいよ輪ゴムを外してそれぞれの模様と対面!

感動する声と共に次々と色鮮やかな模様が姿を現します。

思い描いた以上のものができたのか、全員が満足したようで自然と笑顔に。

輪ゴムを外した後は、染めが落ちないよう特殊な液に浸け、再び洗ったのちアイロンを掛け完成となります。

 

今回の健康づくりハウスでは、自宅ではなかなかできない染ものの体験、

そして簡単で栄養満点のレシピも教わり、みなさん非常に満足したようでした。

次回の健康づくりハウス開催が今から楽しみですね♪

ぶらふだいのトップへ戻る