図書室でリサイクル工作をつくろう!

撮影日 2017/07/26
撮影場所 図書室
コメント 夏休みの思い出

7月26日

普代村の図書室でリサイクル工作をつくろう!が開催されました♪

夏休みを利用し子供達に図書室にある本を利用した工作を通じ、

読み物への関心を促すことを目的とすると共に本村の読書促進を図り

図書室の利用促進を目的として開催したものです

前日終業式をむかえたばかりの小学生の子供たち14名が集まり

「あそべるつかえる小学生のひらめき工作」より

「小さな世界」を作成しました

「小さな世界」は保冷剤などを使い、瓶の中に小さな海を作ります

材料

・ふたつきあきびん
・保冷剤(6~7パック)
・スライド式ファイルバー
・糸
・はさみ
・セロハンテープ
・紙コップ
・使い捨てスプーン等

 

最初の工程は青の水性ペンで水に色を付けていきます

子供達がそれぞれ持ってきた青のペンの色や濃さなどで、様々な海の色が出来ました

コップに保冷剤を入れ、青くなった水を保冷剤に混ぜていきます

ここでも個性が現れます

どのくらい色を付けていくか、濃いほうがいいか、薄いほうがいいか

出来上がりを想像しながら混ぜていきます

海の中にいる生き物や空を飛ぶカモメ、海に浮かぶ船を作っていきます

ここは細かい作業なので慎重に・・・

お母さんと一緒に進めていきます

切った材料にペンを使って、模様をつけていきます

元々用意してあった魚やカモメ、船とは別に自分たちで考え、

コンブやヒトデなども作っていましたよ!

色を付けた保冷剤をあきびんの中に入れていきます

カモメはあきびんのふたの裏へ貼り付け

保冷剤の中に作った魚、ビー玉 やペットボトルで作ったビーズなどを入れていきます

最後に船を浮かべたら完成です♪

子供たちも出来栄えに大満足の笑顔♪

夏休み初日からいい思い出が出来ましたね☆

ぶらふだいのトップへ戻る